違法労働になる不安も尽きない業務委託契約

業務委託契約には、いくつか不安な点もあります。一番大きいのが、違法な契約状態で働かされる不安です。IT系の派遣をめぐっては、「二重派遣」や「偽装請負」という違法状態が横行している現実があります。二重派遣というのは、派遣先からさらに別の会社へ派遣されることです。また、偽装請負というのは、雇用関係があるのにそれを隠して業務委託として扱うことです。どちらも雇う側にメリットがあり、雇われる側は搾取をされている状態に陥ります。こうしたケースは年々増加傾向にあります。あまりにも非正規雇用が多くなっている現在、労働基準監督署の目が届かずに、違法状態が放置されているケースが多いのです。

こうしたものに引っかかってしまうと、経済的に搾取されるのは当然として、自分までもが犯罪の片棒を担ぐことになってしまいます。気が付かずに一方的に被害者となった場合であっても、法律違反をしている企業で雇われるということは、その企業に与していることになるからです。できるだけそうした悪徳企業に関わらないためには、民法の契約条項と労働基準法については一通り目を通しておく必要があるでしょう。具体的にどういったケースで問題が起こりやすいかを調べておくだけでも、ほとんどの法律違反には気づくことができます。

自分はIT企業から業務委託を受ける方で、IT企業側にすべて責任があると思わず、自主的に法律をチェックしてその契約に問題がないか目を光らせることが重要です。 自分の身をしっかり自分で守るためにも「これって違法?業務委託契約FAQ」に目をとおしておくと安心して業務を受けることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です